銀行カードローン

銀行カードローンの怖いデメリット!債務の相殺と口座凍結!

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンやフリーローンに比べ、金利上限が低く設定されている商品が多くなっています。上限金利で比較すると、約3%ほど低いことからメリットを感じることは少なくはありません。また、毎月の返済額が1000円や2000円からとなっており、これも消費者金融の最低返済額に比べると低くなっています。その結果、無理なく返済できるといったメリットがあるものの、債務整理に至るケースは少なく無く、自己破産者の増加に至っています。

そして、銀行カードローンの怖いデメリットとして取引規約には、『口座から勝手に返済へ充てられる』、『返済できなくなった場合は銀行側が期限を待たず債務の返済に充てることが決定できる』といった内容があります。つまり、銀行は自社の貸倒を少なくすることが出来るようになっているのが実状です。ここで注意したいのは、この記載事項から口座凍結も可能という点です。債務整理を行った場合、銀行へ弁護士や司法書士から受任通知が行われた時点で口座凍結で現金が出金出来なくなる可能性があり、生活に行き詰まる可能性があります。そのため、銀行カードローンの返済に行き詰まり債務整理を行う際は、少なからず給与振込口座は別銀行の口座に切り替えることが重要です。ただし、給与の差押えは裁判所の許可が必要かつ差押えの上限が決まっているため、口座凍結により全額差押えとなってしまった場合は即専門家に相談することがポイントです。

総量規制対象外とはどういうものか

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者 年収の3分の1を超える場合は借り入れば出来ないように2010年に施行された改正貸金業法ですが、例えば年収が300万の人は総量規制によって100万までしか借入が出来ません。
また、総量規制の対象になる借入は消費者金融、信販会社、クレジット会社です。
スピーディな審査と即日融資が売りの消費者金融ですが、この総量規制がひとつのネックとなっています。
では、総量規制対象外とはいったりどういったものでしょうか。

まず、住宅ローンや自動車ローンが挙げられますが、その他には有価証券や不動産担保の借入も含まれます。
それらを総量規制の除外貸付とかいいますが、除外貸付の他に例外貸付というのもあります。
例外貸付の中には、債務者の有利な借り換えや緊急性のある医療費の貸付がありますが、本来なら総量規制の対象になる貸付ですが、例外的に総量規制の対象外とする貸付というものです。
総量規制の例外となる借入は、他に個人事業者に対する貸付や、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付といったものもあります。
配偶者と併せれば借入限度額が多くなることが予想されますし、消費者金融や銀行でのおまとめローンという顧客に有利となる借替えの場合は、総量規制の例外となり借入総額を増やすことができます。
もともと銀行のカードローンは総量規制の対象外で、銀行法による独自の審査によって限度額を決めていますから、もし消費者金融から総量規制上限まで借りていたとしても、銀行のカードローンで更に借入ができる可能性があります。

どうなる?銀行カードローンの今後

最近過剰融資が問題となっている銀行カードローンに、金融庁による立ち入り検査が入ると報じられました。アコムが今年度700億円を超す赤字に苦しむのを尻目に、銀行各社ともカードローンで大幅な収益を上げているためです。何故銀行がカードローンに力を入れるのかと言うと、ずばり儲かるからです。銀行はこれまで住宅ローンや企業向け融資をメインとしてきました。こちらは大口の融資になるものの金利は低めに設定されています。しかも大口融資のために審査が慎重になりがちで、なかなか安定した融資先が見つかりません。それに比べ銀行カードローンは金利が年14%と高く、保証会社に審査等を丸投げしているので融資先が簡単に見つかります。こうした理由で銀行はカードローン融資を積極的に続け、今や消費者金融を上回る融資残高を誇るのです。

ですからこの1年で自己破産者が10数年ぶりに増加しました。金融庁が銀行カードローンに規制を入れるのは確実です。今年の春以降銀行も50万円を超える融資には収入証明書の提出を義務付けるようになりました。しかしそれだけでは不十分で、たくさん借りたい人は収入証明書くらい用意するでしょう。ですから銀行カードローンに総量規制が適用されることは時間の問題で、専業主婦の方が1番とばっちりを喰らうでしょう。

これを受けて配偶者貸付を行ういわゆる街金が、これまで以上に専業主婦の方の救いの神となることが予想されるところです。

銀行カードローンの自動融資サービスは意外に便利で、安心も出来る!さらに、お得な点も!

銀行カードローンの中には、自動融資サービスが付帯しているものがあります。これは、公共料金や携帯料金、クレジットカードの支払い時に口座残高が不足した際、足りない分を自動で融資してくれるものですが、意外に付いていると便利なサービスです。何故、便利なのかと言うと、携帯電話やクレジットカードの支払いに於いて遅延は金融事故となってしまい、ローン契約など信用情報を基に審査が厳しくなってしまいます。

しかし、自動融資サービスであれば、金融事故に至ることを回避してくれます。どうしても、日中忙しくて口座へお金を預け入れできない場合や貯蓄用の口座と支払用の口座を分けている人には便利なサービスとなります。

また、わざわざコンビニATMなどから手数料を支払って、現金を預け入れするよりも自動融資サービスを利用した方が手間も掛からず、利息も少ないというメリットもあります。例えば、コンビニATMで時間外での利用をした際は216円の手数料となるものの、自動融資サービスなら翌日に返済すれば1日分の利息で済みます。

仮に1万円が自動で振り込まれたとすると、年利14.8%でも利息は1日あたり約4円で済みます。上手く利用すれば、焦って割高な手数料を支払うことが無くなり、節約に繋げることも可能です。

専業主婦でも出来る銀行カードローン

専業主婦がキャッシングを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか?

収入がない専業主婦は消費者金融会社からのキャッシングは出来ません。

しかし配偶者に安定した年収があり返済能力があるとみなされば、銀行のカードローンの利用が出来るのです。

どうして銀行のカードローンが利用できるかと言うと、銀行のカードローンは「総量規制の対象外」だからなんです。

総量規制とは個人の借り入れの総額が年収の三分の一までに制限することを言います。

そして総量規制には例外と除外という項目がいくつかあって、専業主婦に該当するのが「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」です。

さらに専業主婦の借り入れ限度額は30万円から50万円までのところが多いですので、配偶者の同意書や収入証明書の必要がありません。

銀行カードローンには安心感があるというメリットがあります。

金融についての確かな知識や情報、経験がありますし、サービスやサポート体制も整っています。

借り入れる時や返済する時に利用可能なATMの数が多いので利便性が高く、比較的たくさん融資してもらえることが多いです。

最近ではテレビコマーシャルなどで審査が最短30分などとよく見聞きしますし、手軽に利用できることも魅力的の一つです。