総量規制

銀行のおまとめローンは、総量規制の対象外

「個人の「借り入れ総額」が年収の3分の1以下」に制限される仕組みを、総量規制といいます。2010年6月18日に施行された総量規制により、個人の借り入れは制限されるようになり、不便な思いをしたかたも、きっと少なくないことでしょう。しかし、借り入れがあっても、どうしてもお金が必要になってしまうことはありますよね。

そんな総量規制の対象外となる借り入れがあることをご存知でしょうか。

それが銀行のローンです。そのため、現在借り入れがあっても、銀行のおまとめローンなどを利用できる仕組みになっています。複数ある借り入れをまとめて月々の返済を楽にしたいと考えている場合、ぜひ、銀行のおまとめローンなどを検討してみてはいかがでしょうか。

借入限度額を実際に総量規制並みにすることは出来るのか?

借入限度額について、増額とかをするようなことは出来ますが、実際に借入限度額は総量規制ぎりぎりの枠まで

増額することは出来るのでしょうか? 理論上は出来るようにも感じます。

ですが、基本的に借入限度額を総量規制ぎりぎりまで上げてくれるという例は消費者金融を利用するときにはほとんどないと思われます。

基本的に総量規制ぎりぎりまで設定してしまいますと、ちょっとした収入の変動により、枠が変わってしまいますから気がつかないうちに

お金を貸しすぎてしまったというようなことになってしまいます。

そういったリスクに関しては消費者金融側も出来れば避けたいところですので、借入限度額をギリギリまで上げるというのはまずやれません。

銀行系カードローンですと、規制はありませんから理論上はやれますが、近年では総量規制あたりまでの借入をするまでレベルにしようとする

自主規制もありますので、こちらでもなかなか難しいというのが現実的になってきています。

ただ、この方が結果的には債務者側がお金を借り過ぎないように守られているという風にもとらえられます。

ですので、かえってお金を借入しすぎない安心感として考えておくといいのではないでしょうか。