申込み

主婦もキャッシングの申込みが出来る銀行系カードローン

旦那様の扶養から外れるほどバリバリに働く主婦の方はさておき、保険・税金面などで優遇される範囲内で働いている主婦がカードローンへ申込んだ場合、審査が通る可能性があるのか否かというと、現実問題「難しい」と言わざるを得ません。

パートの収入を年間103万円以下に抑えようとされる方が多くいらっしゃると思いますが、この場合旦那様の扶養控除内の収入であり、継続的な安定収入とは認められない場合が多いのです。消費者金融会社の場合、貸金業法の総量規制で「年収の1/3以上貸し付けは出来ない」ということになっているので、103万円以下のパート収入が安定した収入であると認められない以上、消費者金融会社からお金を借りる契約を結ぶのは困難な状況です。

そんな時に、借入の契約の申込み先に考えたいのが銀行系カードローンです。抑々銀行法に基づき商いをしている銀行系カードローンは、貸金業法の総量規制の対象ではない為、前年度の年収額に囚われず自社・保証会社の独自の審査で貸し付けの可否を決めることが出来ます。安定した収入と認められない、または収入を証明することが難しい主婦の場合、銀行系のカードローンへ申し込んでみるのが得策だと思います。

最近の銀行系カードローンのCMを見ると、限度額200万円または300万円までを「収入証明不要」としているものを多く見かけます。これは、103万円以下のパート収入しかない主婦にとっては大変な朗報です。当然、返済は旦那様の収入からであったり、旦那様の銀行口座である場合が多いと思いますが、申込みを受付けてくれることがありがたいことです。

カードローンへの契約審査が通った際には、旦那様へ内緒にする・しないに関わらず、確りと返済計画の立てられる状態での利用を、心掛けて頂ければと思います。

キャッシングを利用する時に注意したい事

正社員ではなく、アルバイトとして働いている場合であってもキャッシングを利用する事は可能です。
ただし、アルバイトの場合は自分の希望する借入額を必ずしも借りれるとは限りません。

その理由のひとつとして、キャッシングはその年収も借入可能額を決定する大きな要因となっているからです。
当然、収入が多いほうが借入可能限度額も高くなる傾向にあります。

また、アルバイトにだけ限ったことではありませんが、勤務年数も審査のポイントとなり、一般的にキャッシングの審査の際には勤続年数が長い方が良いと言われています。

そして、アルバイトの立場でキャッシングを利用する時に注意したいのが総量規制です。

総量規制は、最高でも年収の3分の1までしか借入が出来ないという法律となります。そのため、年の収入が60万円のばあいは10万円の借入を希望しても不可能という事です。アルバイトの収入では高額の融資を受けられない可能性があるのです。

しかし、総量規制対象外の銀行が提供しているキャッシングでは年収の3分の1以上の借入も可能となります。
そこで、アルバイトで大きな額のキャッシングを希望するならば、自分のアルバイト収入と照らし合わせた上で総量規制対象外の銀行キャッシングを利用しなければならない場合もあるという事を覚えておきましょう。

何かとお金が不足しがちになることもあるでしょうから、アルバイトのキャッシングではこうした事に注意してキャッシングの選択を行いたいものです。