消費者金融

消費者金融のキャッシング!返済方法重視ならマルチメディア端末の利用可否を!

今では、コンビニATMを利用すれば、キャッシングも24時間365日可能です。借り入れだけでなく、返済も行うことができ返済期日ギリギリでも安心です。しかし、コンビニATMの場合、時間外手数料の他、提携金融機関を経由しての返済となり、無駄に手数料が掛かってしまいます。その都度、手数料が発生するのは意外にバカにできるものではなく、108円や216円の金額でもつもり重なると大きなものです。さらに、返済する金額からATMの利用手数料が優先的に充当され、利用残高の減少率も低下してしまいます。

このような場合に備えておすすめなのが、コンビニのマルチメディア端末を利用した返済です。アコム以外の大手消費者金融では、マルチメディア端末を利用することで返済手数料が無料になっています。そのため、時間外手数料を抑えたいという方はマルチメディア端末が利用可能な消費者金融を選んだり、コンビニATMを利用せずに返済可能なことを知っておくのがおすすめです。

収入が消費者金融の審査では第一

消費者金融でお金を借りる時には当然審査がありますが、この審査の内容というのは実はそんなに違いがあるわけではありませんので心配しないようにしましょう。具体的に見られるところといえばまず間違いなく仕事をしているのかどうかということです。これが総量規制に引っかかる部分になります。

仕事と言っても要するに収入があるのかどうかの話であり、何もサラリーマンであることが限定的な条件ではないです。審査の際には収入証明を出す必要がある場合も出てくるでしょう。きちんとした公的な書類であることもありますし、給料明細などでもよいということも多いです。まず審査で見られるところは収入であるというのは理解しておきましょう。そこから判断が始まるからです。

収入が安定していればアルバイトでも借りられる消費者金融のキャッシング

銀行からお金を借りようとした場合、申し込んだ人の職業によっては審査にはねられてしまう可能性があります。特に審査が厳しいといわれている銀行では正社員として働いていないアルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用の人については審査の段階ではねられてしまう可能性が非常に高いといわれています。

それに対して消費者金融のキャッシングでは、どのような働き方をしていたとしてもその収入が安定しているものであれば審査にはねられてしまう可能性は非常に低いといわれています。安定した収入が継続してある人であればキャッシングの返済に行き詰ってしまう可能性は低いので、消費者金融のキャッシングの場合には銀行とは違いアルバイトやパート、派遣社員として働いている人であっても特にそのことが審査の結果を左右するわけではないのです。

もちろん、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているので、必ずしも自分の欲しい金額の全部が借りられるという保証はありませんが、それほど高額を希望しない限りは借りられる可能性があります。銀行の審査に落とされてしまったというアルバイトやパート、派遣社員の方は試しに消費者金融のキャッシングに申し込んでみてはいかがでしょうか。