キャッシング増額申請のとき、金融機関は何をするのか

資金繰りが厳しくて、キャッシングの増額の申請をしたい時ってありますよね。キャッシングの増額を申し込むと何をされるか解説します。

キャッシングの増額を申し込むと、金融機関は再度あなたのキャッシング枠が増額に耐えれるか審査を行います。審査の内容は、当然指定信用情報機関の照会にも及びます。

ここで少し例を出して考えてみます。金繰りが厳しいので、あなたは最初に申し込んだ時よりも他社からの融資を受けていて、借金の総額が膨らんでいたりしませんか。もしくはもっとひどく、他社の返済が滞っていたりしませんか。もしこの様なことがあるのであれば、増額の申請はしないほうが無難でしょう。

というのも、キャッシング、カードローンの契約には信用状態が悪化すれば、金融業者側がいつでも完済を求める事が出来る条項がはいっています。つまり、増額申請をしてあなたの指定信用情報機関の情報を照会されたことにより、あなたの限度額の見直しを行った結果、増額どころか減額や限度額取り消しを求められる事態もありうるのです。

金繰りが厳しくて、限度額を増額したくて申し込んでいるのに逆に減額されるなんてやぶへびも良いところですね。増額を申請する時は、借入額が少なく、他社でも借りれる様な状態でしましょう。