中小消費者金融

中小消費者金融への返済!今後は銀行手数料に注意!

銀行や大手消費者金融のカードローンであれば、専用もしくは提携ATMから早朝や夜間でも借り入れが可能であり、手数料無料で利用出来るケースがあります。ですが、コンビニATMの場合、108円もしくは216円の手数料が掛かり、返済時にも掛かるケースが多くあります。現在のところ、ATMの利用手数料自体が銀行の収益悪化から引き上げされた事例はないものの、振込手数料の改定を行う銀行が少しずつ増えています。

ここで特に注意したいのが、中小消費者金融への返済です。一部中小消費者金融では、コンビニATMが利用出来たり、口座振替による返済が出来ることがあるものの、依然として銀行振込による返済が一般的です。そのため、銀行ATMもしくは窓口での振込手続きとなるものの、窓口での手数料が引き上げられ、返済時に掛かる手数料負担が増え始めています。もし、銀行ATMからの振込手数料が引き上げとなった場合、年間での負担が多くなる可能性があるため、今後はネットバンキングに対応した銀行口座からの振込手続きに切り替えていくのがおすすめです。ネットバンキングであれば、所定の回数まで振込手数料は無料というだけでなく、スケージュール設定で自動的に振込も行ってくれます。そのため、銀行口座からの振替に対応いていない中小消費者金融でも、返済の手間が削減することも可能です。

知名度の高い会社の安心感は高い!中小消費者金融はやはり不安!

銀行や大手消費者金融のメリットは、金利だけでなく、社会における高い信頼性です。特に、契約後に不安となる取立行為については、自社でのたい応対マニュアルが定められており、契約者が不安に感じることは少なくなっています。ですが、中小消費者金融などは現在でもなお厳しい取立を行うなど、安心出来ない点もあります。

ですが、安心と信頼性は取立行為だけに注目してはいけまん。むしろ、現在では情報セキュリティーも重視しなければなりません。銀行や大手消費者金融では、顧客情報を徹底管理しており、管理のために設備投資まで行っています。また、情報セキュリティー担当を配置するなど対策を強固にしています。一方、中小消費者金融では、やはり資本力が少なく、大手消費者金融よりセキュリティー対策は劣ってしまいます。

インターネット上では、中小消費者金融に申し込みした結果、闇金や他の貸金業者から勧誘されるなどの問題が確認出来るのが実状です。そのため、中小消費者金融の利用を検討する際は、審査難易度の低さで選んだりするのではなく、個人情報の流出などの疑いがないところを選ぶのが重要です。実際には、利用者しか分からない情報であり、口コミなどは隅々までチェックするのがポイントです。