アルバイトの掛け持ちをしているときの在籍確認はどうするのか?

在籍確認がある会社というのは結構ありますが、在籍確認をするときにアルバイトを掛け持ちしているときにはどこに在籍確認をしてもらったほうがいいのでしょうか?

結論から言うと、時間帯によっている場所が異なるでしょうからどこの職場にいつだったらいるのかというのをしっかり伝えておいて、その時間帯にいるだろうアルバイト先に在籍確認をしてもらったほうがいいでしょう。

アルバイト先にいればいいので、なるべく確実な時間を選んでもらいましょう。

メインのアルバイトのほうがいる時間が長いでしょうから、そっちを選んでみたりすれば、在籍確認はしやすいと思います。

在籍確認さえ取れたら、あとは借り入れできるかどうかを確認して審査が完了すると思います。

総量規制対象外とはどういうものか

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者 年収の3分の1を超える場合は借り入れば出来ないように2010年に施行された改正貸金業法ですが、例えば年収が300万の人は総量規制によって100万までしか借入が出来ません。
また、総量規制の対象になる借入は消費者金融、信販会社、クレジット会社です。
スピーディな審査と即日融資が売りの消費者金融ですが、この総量規制がひとつのネックとなっています。
では、総量規制対象外とはいったりどういったものでしょうか。

まず、住宅ローンや自動車ローンが挙げられますが、その他には有価証券や不動産担保の借入も含まれます。
それらを総量規制の除外貸付とかいいますが、除外貸付の他に例外貸付というのもあります。
例外貸付の中には、債務者の有利な借り換えや緊急性のある医療費の貸付がありますが、本来なら総量規制の対象になる貸付ですが、例外的に総量規制の対象外とする貸付というものです。
総量規制の例外となる借入は、他に個人事業者に対する貸付や、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付といったものもあります。
配偶者と併せれば借入限度額が多くなることが予想されますし、消費者金融や銀行でのおまとめローンという顧客に有利となる借替えの場合は、総量規制の例外となり借入総額を増やすことができます。
もともと銀行のカードローンは総量規制の対象外で、銀行法による独自の審査によって限度額を決めていますから、もし消費者金融から総量規制上限まで借りていたとしても、銀行のカードローンで更に借入ができる可能性があります。

アイフルを利用する人が増えている2つの理由

消費者金融は最短1時間融資と宣伝されているアコムやプロミスを利用する人が多いですが、最近ではアイフルを利用する人が増えてきています。アコムやプロミスは大手銀行の傘下に入っているのに対してアイフルは独立系を貫いているので経営面で不安があると言われています。そこでなぜアイフルを利用する人が増えてきているのか理由を挙げていく事にしましょう。

・おまとめローンの条件が良い

アイフルの特徴の一つのおまとめローンの条件が良い事が挙げられます。おまとめMAXとかりかえMAXの2種類があり低金利で複数の業者からの借り入れを一つのまとめる事が出来ます。最近では消費者金融から借り入れするのにWEB完結で出来るようになっているので複数の業者を利用してしまう人も多いです。それによりアイフルのおまとめローンを利用して複数の業者からの借り入れを一つのまとめる人が増えてきています。

・キャッシングカードを指定の時間に配達してくれる

アイフルは配達えらべーるというサービスを提供していてキャッシングカードの配達時間を指定する事が出来ます。それにより自分の都合の良い時間を指定する事が出来るので家族にキャッシングカードを見られてしまうのを防ぐ事が出来ます。家族に内緒でお金を借りるためにアイフルを利用している人も多いです。

借入限度額を実際に総量規制並みにすることは出来るのか?

借入限度額について、増額とかをするようなことは出来ますが、実際に借入限度額は総量規制ぎりぎりの枠まで

増額することは出来るのでしょうか? 理論上は出来るようにも感じます。

ですが、基本的に借入限度額を総量規制ぎりぎりまで上げてくれるという例は消費者金融を利用するときにはほとんどないと思われます。

基本的に総量規制ぎりぎりまで設定してしまいますと、ちょっとした収入の変動により、枠が変わってしまいますから気がつかないうちに

お金を貸しすぎてしまったというようなことになってしまいます。

そういったリスクに関しては消費者金融側も出来れば避けたいところですので、借入限度額をギリギリまで上げるというのはまずやれません。

銀行系カードローンですと、規制はありませんから理論上はやれますが、近年では総量規制あたりまでの借入をするまでレベルにしようとする

自主規制もありますので、こちらでもなかなか難しいというのが現実的になってきています。

ただ、この方が結果的には債務者側がお金を借り過ぎないように守られているという風にもとらえられます。

ですので、かえってお金を借入しすぎない安心感として考えておくといいのではないでしょうか。