審査では住宅の情報を確認される

キャッシングの審査では、住宅に関する情報などは重視される事になります。それにも数点の基準がある訳ですが、まず見過ごす事ができないのは、住宅のタイプです。

そもそも住宅には、賃貸もしくは持ち家の2種類があるのです。そして、それぞれの住宅により人々からの評価も異なる訳ですね。

金融会社では、様々なスコア付けを行っています。前述の住宅のタイプも、そのスコアに関わってくる訳ですが、一般的には持ち家の方が高く評価される事が多いのです。賃貸よりは持ち家の方が、点数が高めになります。ですのでマイホームを持っている方々などは、キャッシングで借りれる確率も高めなのですね。

では賃貸ならば難しいかと言われれば、そうとも限りません。というのも人によっては、賃貸住宅に長く住んでいる方も見られるのですね。居住し始めてから数年などではなく、中には数十年以上に渡って、賃貸住宅に居住している方も見られます。年数が長い方々の場合、審査でのスコアも比較的高くなる事が多い訳です。逆に居住し始めてから1年も経過していないとなると、借りるのが少々難しくなる事もあります。

このようにキャッシングでは、住宅に関わる様々な情報が見られる訳ですね。