申込み

注文住宅に便利な楽天銀行のつなぎローン

楽天銀行が取り扱っている住宅ローンは審査も早い上に金利も低金利なので非常に使いやすい住宅ローンとして有名ですが、注文住宅を購入する場合には土地の先行取得をしたり、着工金を支払う必要があったりと、住宅ローンの融資金額が振り込まれる前から多くの資金が必要となります。

そんなケースにおいて非常に役立つのが楽天銀行の住宅ローンの一つであるつなぎローンとなります。

つなぎローンは土地先行取得資金、着工金、中間金の資金を融資してくれるローンサービスであり、最大で3回まで分割融資を受けることが出来ます。

つなぎローンは来店不要で申し込みができるのはもちろんのこと、Skype相談を利用すれば土日を含めて夜の10時まで相談ができるので、忙しい人でも利用しやすくなっています。

アコムの申し込みをする時にネットを利用する理由は?

アコムは無人契約機のむじんくんで申し込む人が多いですが、最近ではネットで申し込む人が増えてきています。そこでなぜアコムの申し込みをする時にネットを利用するのか理由を検証していく事にしましょう。

・来店不要でお金を借りる事が出来る

アコムの申し込みはWEB完結で手続きをする事が出来るので店頭窓口やむじんくんに出向く必要がなくなります。来店不要でお金を借りる事が出来るのは利用者にとってもメリットになるので申し込みをする時にネットを利用する理由と言えます。

・必要書類の提出が便利

アコムの申し込みをネットで行うと本人確認書類など必要書類をスマホのアプリで提出する事が出来ます。スマホのアプリはアップロード機能が付いているので必要書類を撮影して送信すれば提出する事が出来ます。すごく便利なのでネットを利用して申し込む人も多いです。

・家族に内緒でお金を借りる事が出来る

アコムの申し込みをネットで行うと来店不要になるので家族に申し込みをしているのを見られる事がなくなります。また明細書もWEB明細になるので郵送物が送られてくる事もなくなります。家族に内緒でお金を借りる事が出来る安心感があるのも申し込みをする時にネットを利用する理由と言えます。

利便性に優れている楽天銀行スーパーローン

低金利を重視してキャッシング業者を選ぶ場合は銀行カードローンになりますが、最近利用者が増えてきて人気となっている銀行カードローンは楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンを提供している楽天銀行はネットバンキングなので店舗やATMを設置していません。そのため申し込み手続きはすべてインターネットで行うのでパソコンやスマートフォンなどインターネット環境が整っていれば申し込む事が出来てしまいます。インターネットですべての手続きが出来るという事はインターネット環境が整っていれば場所を選ばないで申し込めるので利便性という点ではかなり優れていると言えるでしょう。

手続きで便利と感じるのが必要書類の提出と借り入れの時です。必要書類の提出はスマートフォンのアプリで撮影して送信すればいいので誰でも簡単に出来てしまいます。本来なら郵送などで送るので業者に届くのに数日かかるのを1日で完了してしまうのもすごく便利な点です。また借り入れの時は楽天銀行のホームページから会員ページにログインして借入希望額を入力して融資の依頼をすればすぐに口座に振り込んでもらえます。しかも楽天銀行の口座はネットバンキングなので24時間いつでも対応出来るのも大きなメリットなります。

おまとめローンの資金用途

おまとめローンは資金用途がおまとめ、借り換えのみに限定されたローンです。そのため金利面で優遇されたり、通常よりも高い限度額が認められます。総量規制の対象外にもなっており、おまとめの邪魔にならないように配慮がされています。資金用途が限定されているといっても借りてしまえばこっちのもの、と思われるかもしれませんが、資金の流用はできないしくみになっています。

まず借り換えのための返済はおまとめローンを提供している会社が代理で直接行います。一度こちらの手元へお金を振り込んでもらって自分で返済するという方法も選択できますが、その場合は返済を行ったことを証明する書類を提出しなければいけません。もし、書類の提出がなければすぐに契約解除、一括返済を求められるようになっています。

アルバイトの収入が少ないときは

アルバイトの収入は働いた分だけが貰える仕組みになっているため、病気や怪我などで数日休むと、かなりの収入減になってしまいます。

そのうえ病院代なども必要になると、先月稼いだ分のお金があっという間になくなってしまう可能性があるので、そんなときには迷うことなくキャッシングを利用するようにしてください。

キャッシングはアルバイトやパートの方でも利用できるので、よほどたくさんの金額を借りようと思わない限りは、大抵の方が審査に合格出来ます。

消費者金融なら数十分程度の審査で終わりますし、審査で合格すれば、すぐにお金が手に入るので、アルバイトの収入が少なくて困ったときは、いつでも気軽に利用することをおすすめします。

消費者金融の店舗が近くにないという場合でも、電話やインターネット環境さえあれば申込みが出来るので、お店に行くのが嫌な方は携帯電話やパソコンから申し込むと良いでしょう。

オンライン申し込みは24時間いつでも受け付けていますから、夜中に借り入れしたいと思った時は、すぐにローン会社のホームページに必要事項を入力して、送信するようにしてください。

必要なものは免許証または保険証などの身分証明書のみなので、他には何も用意する必要はありません。

担保や保証人も必要ないというのがキャッシングの魅力なので、まだ一度も利用したことがない方は、まずは返済シミュレーションから始めるようにしましょう。

これも簡単な入力で出来るので、空いた時間に試してみてください。

アルバイトをしている学生はキャッシングが利用できる?

学生でもキャッシングの契約をすることができるのでしょうか。

二十歳を過ぎていて、ある一定の収入があるのでしたら、アルバイトをしている学生でもキャッシングを利用することはできます。勿論、無収入の学生なら審査を通過するということはまずありません。

ただ、正規雇用の人に比べたら収入も低く不安定な職業ですから、借り入れ限度額はかなり低くはなります。アルバイト収入にもよりますが、借り入れは最低金額に設定されることが多いです。

学生の場合、収入が限られていますから、キャッシングを利用する時には返済計画をきっちりと建てて計画的に利用しましょう。

キャッシングを利用する時に注意したい事

正社員ではなく、アルバイトとして働いている場合であってもキャッシングを利用する事は可能です。
ただし、アルバイトの場合は自分の希望する借入額を必ずしも借りれるとは限りません。

その理由のひとつとして、キャッシングはその年収も借入可能額を決定する大きな要因となっているからです。
当然、収入が多いほうが借入可能限度額も高くなる傾向にあります。

また、アルバイトにだけ限ったことではありませんが、勤務年数も審査のポイントとなり、一般的にキャッシングの審査の際には勤続年数が長い方が良いと言われています。

そして、アルバイトの立場でキャッシングを利用する時に注意したいのが総量規制です。

総量規制は、最高でも年収の3分の1までしか借入が出来ないという法律となります。そのため、年の収入が60万円のばあいは10万円の借入を希望しても不可能という事です。アルバイトの収入では高額の融資を受けられない可能性があるのです。

しかし、総量規制対象外の銀行が提供しているキャッシングでは年収の3分の1以上の借入も可能となります。
そこで、アルバイトで大きな額のキャッシングを希望するならば、自分のアルバイト収入と照らし合わせた上で総量規制対象外の銀行キャッシングを利用しなければならない場合もあるという事を覚えておきましょう。

何かとお金が不足しがちになることもあるでしょうから、アルバイトのキャッシングではこうした事に注意してキャッシングの選択を行いたいものです。