審査

地方銀行のカードローンの審査通過率は?

地方の銀行の審査通過率については、基本的には大手の審査通過率とそれほど変わらないか、もしくは場合によっては厳しいものもあると考えられています。

基本的に大手も地方も金利面での差というのはほとんどありませんし、ものによっては地方のほうがかなり金利面ですごくいいものもあります。

そういたところから、審査の通過率というのは実は大手と地方ではそこまで差がない場合というのが多いです。

ただ、地方によっては金利も若干高めだったり、地元住民を優先する傾向がありますので、

そういったところであるのなら、場合によってはカードローンの審査通過率というのは高くなる可能性はあるといえましょう。

ですので、条件をよく見てから申し込みをしてみてください。

初めてのキャッシング契約で本人確認に手こずった

初めてキャッシングを契約する時に、本人確認にかなり手こずり本当に焦りました。

私はアパートで一人暮らしをしているのですが、数年前に管理会社が変わり、建物名も変更になっていました。

ただ、管理会社が勝手に名前を変えただけで番地等は変わっていないので、私自身はどこにも何も手続きはしていません。

というわけで、免許証の住所は旧アパート名でした。

そんなことは全く気にしていなかったのですが、本人確認の電話の際にアパート名まで聞かれ新しいアパートの名前を言いました。

その後、免許証の写メをアップロードしてくださいということで、何も思わずにアップロードしたところ、アパート名が一致しないので他の書類が必要との電話がありました。

事情は説明しました。番地は変わっていなくて、管理会社が勝手に名前を変えただけだと。管理会社に確認して欲しいと言ったのですが、普通に却下され、他の書類の提出がなければこれ以上話を進められませんと。

仕方ないかと思い、公共料金の領収書を探したのですが、これまたないのです。

うちはオール電化で電気代は引き落とし、水道代は家賃に含まれているという最悪の状況でした。

とりあえず、電気代の請求書及び引き落とし明細と、これではダメな気がして念のため年金の郵送物の住所を写メでアップロードしましたが、両方却下されました。

この電気代のでダメなら公共料金に関するものはないので、どうしたらいいかと問い合わせると、年金手帳の年金番号と名前が書いているページに現住所を手書きして写メでアップロードしてくださいとのことでした。

最終的には手書きなんかい?!と思いながらも、やっと本人確認が終了したというドタバタ劇でした。

キャッシング増額申請のとき、金融機関は何をするのか

資金繰りが厳しくて、キャッシングの増額の申請をしたい時ってありますよね。キャッシングの増額を申し込むと何をされるか解説します。

キャッシングの増額を申し込むと、金融機関は再度あなたのキャッシング枠が増額に耐えれるか審査を行います。審査の内容は、当然指定信用情報機関の照会にも及びます。

ここで少し例を出して考えてみます。金繰りが厳しいので、あなたは最初に申し込んだ時よりも他社からの融資を受けていて、借金の総額が膨らんでいたりしませんか。もしくはもっとひどく、他社の返済が滞っていたりしませんか。もしこの様なことがあるのであれば、増額の申請はしないほうが無難でしょう。

というのも、キャッシング、カードローンの契約には信用状態が悪化すれば、金融業者側がいつでも完済を求める事が出来る条項がはいっています。つまり、増額申請をしてあなたの指定信用情報機関の情報を照会されたことにより、あなたの限度額の見直しを行った結果、増額どころか減額や限度額取り消しを求められる事態もありうるのです。

金繰りが厳しくて、限度額を増額したくて申し込んでいるのに逆に減額されるなんてやぶへびも良いところですね。増額を申請する時は、借入額が少なく、他社でも借りれる様な状態でしましょう。

主婦もキャッシングの申込みが出来る銀行系カードローン

旦那様の扶養から外れるほどバリバリに働く主婦の方はさておき、保険・税金面などで優遇される範囲内で働いている主婦がカードローンへ申込んだ場合、審査が通る可能性があるのか否かというと、現実問題「難しい」と言わざるを得ません。

パートの収入を年間103万円以下に抑えようとされる方が多くいらっしゃると思いますが、この場合旦那様の扶養控除内の収入であり、継続的な安定収入とは認められない場合が多いのです。消費者金融会社の場合、貸金業法の総量規制で「年収の1/3以上貸し付けは出来ない」ということになっているので、103万円以下のパート収入が安定した収入であると認められない以上、消費者金融会社からお金を借りる契約を結ぶのは困難な状況です。

そんな時に、借入の契約の申込み先に考えたいのが銀行系カードローンです。抑々銀行法に基づき商いをしている銀行系カードローンは、貸金業法の総量規制の対象ではない為、前年度の年収額に囚われず自社・保証会社の独自の審査で貸し付けの可否を決めることが出来ます。安定した収入と認められない、または収入を証明することが難しい主婦の場合、銀行系のカードローンへ申し込んでみるのが得策だと思います。

最近の銀行系カードローンのCMを見ると、限度額200万円または300万円までを「収入証明不要」としているものを多く見かけます。これは、103万円以下のパート収入しかない主婦にとっては大変な朗報です。当然、返済は旦那様の収入からであったり、旦那様の銀行口座である場合が多いと思いますが、申込みを受付けてくれることがありがたいことです。

カードローンへの契約審査が通った際には、旦那様へ内緒にする・しないに関わらず、確りと返済計画の立てられる状態での利用を、心掛けて頂ければと思います。

審査では住宅の情報を確認される

キャッシングの審査では、住宅に関する情報などは重視される事になります。それにも数点の基準がある訳ですが、まず見過ごす事ができないのは、住宅のタイプです。

そもそも住宅には、賃貸もしくは持ち家の2種類があるのです。そして、それぞれの住宅により人々からの評価も異なる訳ですね。

金融会社では、様々なスコア付けを行っています。前述の住宅のタイプも、そのスコアに関わってくる訳ですが、一般的には持ち家の方が高く評価される事が多いのです。賃貸よりは持ち家の方が、点数が高めになります。ですのでマイホームを持っている方々などは、キャッシングで借りれる確率も高めなのですね。

では賃貸ならば難しいかと言われれば、そうとも限りません。というのも人によっては、賃貸住宅に長く住んでいる方も見られるのですね。居住し始めてから数年などではなく、中には数十年以上に渡って、賃貸住宅に居住している方も見られます。年数が長い方々の場合、審査でのスコアも比較的高くなる事が多い訳です。逆に居住し始めてから1年も経過していないとなると、借りるのが少々難しくなる事もあります。

このようにキャッシングでは、住宅に関わる様々な情報が見られる訳ですね。

複数の借金でお困りの方におすすめのおまとめローン

昔と比較すると消費者金融のCMをテレビや電車の中吊り広告でよく見かけるようになり、以前と比べると借り入れがしやすいイメージが付随するようになりました。実際、消費者金融側も世間のニーズに合わせて借し出しのしやすい体制をとるようになりました。

そんな中、「おまとめローン」という制度を耳にした事はありませんか?

消費者金融から借り入れを行っている方の中には複数の会社から借り入れを行っている方もいらっしゃいます。会社によって返済期日は異なりますし、当然全ての会社に返済を行わなくてはなりません。そうなるとだんだんとお金の返済が難しくなってしまいます。

おまとめローンというのはその複数の借金を一社にまとめてしまう、という制度のことを指します。

当然まとめてしまうと、まとめる会社によって金利なども異なりますしおまとめローンを使用する際には審査も必要となりますので全員が全員利用できるというわけではありませんが、複数の借金でお困りの方は使用の検討をしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングには審査があります

キャシングには審査があります。審査というのはキャシング会社がお金を貸出しする相手に返済能力があるのかどうか調べることで、審査にさえパスすれば即日現金を手にすることができます。

とはいってもそんなに難しいものではありません。もしキャシングが初めての場合はとまどうこともありますが、必要書類させキチンと準備していたら問題なくスムーズにいくのです。

まず必要なものは身分証明書証ですが、これは運転免許証でいいです。運転免許証なら住所や生年月日、さらに名前や顔写真という情報が一度に確認できるので非常に好都合になるのです。たとえ運転免許証をもっていない人でも健康保険証さえあれば、本人の確認ができるのです。もちろん借り入れする額によっては所得証明が必要な場合があるので、キャシングをしようと考えたら前もって電話で確認しておくくことをおススメします。

さらに最近ではインターネットで簡単審査というものもあるので、自分が借り入れをしようと考えた場合に可能なのか調べることもできるのです。急に現金が必要になって頭を悩ませることは誰にでも可能性がありますが、キャシングの審査にすぐにパスできれば悩みもすぐに解決できることもあるのです。

キャッシングは便利なモノ

少し前まではキャッシングというとイメージはあまり良いものではありませんでした。

しかし、最近ではコマーシャルなどでも芸能人を使ったり、良い印象があるものを流しているのでそれほど悪いものという捉え方はされなくなっています。

そもそもキャッシングはお金を借りることなので、ローンと似ていると思われますが、ローンはそれほど気にされないのにキャッシングだけが気にされるのはなぜでしょうか。

それはその性質によるところが大きいです。

ローンは自分では買うことのできないものを建て替えで払ってくれるというイメージです。

ですので、自分の手元にはお金が入ってきません。商品が手元に残るだけです。

それに比べてキャッシングは現金そのものを手にすることができるので、何にでも使えてしまうところが便利でもあり、場合によっては危険なところでもあります。

しかし、それはどのようなものでも、使う人によって起こってくる現象です。

急な出費や出先での現金の不足などで困った時にはこのキャッシングが何よりも役に立ちます。

そう考えれば何も悪いことはないのです。

但し、お金の借り入れということですので、当然ながら金利がかかってきます。

これが各社で違いますし、その借り入れの額によっても違ってきます。

ですので、借り入れを行う際には、自分の返済可能額を考えて、さらに早期に全てのお金を返せることをきちんと考えた上でキャッシングを行えば何も心配することはなく

便利に使うことができます。

アルバイトでもキャッシングは可能か

正社員の職に就いた経験が無いアルバイターの人間であっても、キャッシングは可能です。
多くの大手消費者金融はアルバイトの人物でも利用可能としています。
銀行となると、借入先が限られる事もあるので気をつけたいですね。

アルバイトといっても、友達の家で手伝いをしてお金を貰っている、一日限りの日雇い、日払いの仕事をしている、となると働いているとの証明が難しくなり、キャッシングが困難になってしまうので気をつけましょう。

アルバイトの種類はあまり問われません。

個人経営、とても小さな手伝い、となるとアルバイトとして認識される事が困難になってしまう事もあります。

とても小さな個人経営のお店の場合、在籍確認のために電話を掛けても、誰も応対しないために確認が取れなかった、なんて事も。
スーパー、チェーン店、飲食店、接客業、工場勤務、などのアルバイトは借り入れの際に安心ができます。

どんなアルバイトであっても、収入が多ければそれだけ限度額も多く貰えますし、審査に通過しやすくなります。

アルバイトの年収を書き込む際、実際に得た事のある年収ではなく、これから先働き続けたら得られるであろう予定年収を書き込むのもOKとされています。

そのために、アルバイトを始めてたったの数ヶ月しか経過していない人物でも借り入れができるのです。
アルバイトをしておれば、大学生や専門学生や大学院生でもお金が借り入れできます。
高校生は20歳未満となるので不可能です。

借りたお金の使い道はあなたの自由です。

遊びに使いたい、ゲームに利用したい、ファッション用品を購入したい、友達との飲食費用に利用をしたい、彼女の誕生日プレゼントを購入したい、などなど。

ただしフリーキャッシングは事業の経営費用にはできません。
アルバイトの人物でも利用可能、と記載されている業者がお勧めです。

旦那に扶養されている主婦であっても、アルバイトをしてお金を稼いでおれば借り入れが可能になります。