キャッシング

キャッシングで返済した分はまた借りられる?

キャッシングの返済日は毎月(もしくはそれに近い周期で)訪れますが、限度額いっぱいまで借りている場合、この返済した分をまたすぐに借りたいと思うこともあるでしょう。例えば20万円の限度額で契約をしていて毎月の返済額が8千円だった時に、その8千円を返済して、またすぐに8千円を借りようとするような行為です。

このような借り方をしても特に問題はありませんが、返済した分全てをまた借りられる訳ではないので注意してください。それは、返済した金額には利息分が含まれているからです。

上記の例で限度額の20万円ギリギリまで借りていると、1ヶ月当たりの利息は約3千円です。返済した8千円のうち、この約3千円は利息分なので、これを差し引いた約5千円しか元金は減っていません。その為、返済を行っても借りることができるのは約5千円までになるのです。

よって、限度額ギリギリまで借りて返済し、残った枠ギリギリまで借りるということを行うと、利息分だけを返済したと形です。これを繰り返していると元金は全く減りませんが、利息分だけの返済で何とかその月の支払いを乗り切りたい場合には有効な方法になります。

ただし、キャッシングの契約には返済期間というものがあるので、いつまでもそのようなことを繰り返す訳にもいきません。何度かはこの方法で利息だけの支払いで乗り切ったとしても、どこかでまとめて多く返すなどをしてきちんと期間内には完済するように心掛けてください。

地方銀行のカードローンの審査通過率は?

地方の銀行の審査通過率については、基本的には大手の審査通過率とそれほど変わらないか、もしくは場合によっては厳しいものもあると考えられています。

基本的に大手も地方も金利面での差というのはほとんどありませんし、ものによっては地方のほうがかなり金利面ですごくいいものもあります。

そういたところから、審査の通過率というのは実は大手と地方ではそこまで差がない場合というのが多いです。

ただ、地方によっては金利も若干高めだったり、地元住民を優先する傾向がありますので、

そういったところであるのなら、場合によってはカードローンの審査通過率というのは高くなる可能性はあるといえましょう。

ですので、条件をよく見てから申し込みをしてみてください。

即日借りられるキャッシング

急にお金が必要になったとき、キャッシングを利用しようにも融資まで時間がかかってしまうため別の手段を考えるしかないと思うこともあるかもしれません。キャッシングというのは審査に時間がかかるというイメージがあるものですが、実は即日融資を受けることができる金融業者も存在しています。

例えばテレビCMなども見かける大手消費者金融の場合、なんと最短一時間で融資を受けることが可能です。その秘密はWeb申し込みで、パソコンやスマートフォンを使って申込みを行い、メールか電話で審査結果を受け取ります。そして振込や自動契約機などを使えば即日キャッシングが可能となるのです。ウェブで申し込む際に口座振替を選択することによって郵送物のやりとりが不要となり、更にはカードも必要ないためこのようなスピーディな融資が可能なのですね。勿論カードが必要だと思ったら契約後でも発行してもらうことができます。

このようにWebを活用して即日融資を受けることができるキャッシングというのは増加傾向にあります。また、はじめての利用やWeb明細の登録をすることで一定期間無利息になるサービスを提供していることも多いため、利用の際にはそれらの有無も確認して、キャッシングサービスを選ぶのも良いかもしれませんね。

気軽に申し込めるキャッシング

キャッシングを利用するきっかけとして、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能だったという方は多いはずです。
申し込みの際に本人確認と、収入の状態、過去の利用状況など、キャッシングと同じ内容の項目で審査が行われますから、自動的にキャッシングも利用できるようになります。

しかしながら、もっと高い金額を借りたいという気持ちになってくる場合には、クレジットの方では我慢できないことが多くなっていきます。
それを避けるために、キャッシングだけを専門に行っている会社に申し込みをするわけです。

クレジットカードの審査が通った場合には、キャッシングに関してもそれほど問題なく審査に通ることができるはずですから、お金が足りない場合には申し込みをすると良いでしょう。

どうなる?銀行カードローンの今後

最近過剰融資が問題となっている銀行カードローンに、金融庁による立ち入り検査が入ると報じられました。アコムが今年度700億円を超す赤字に苦しむのを尻目に、銀行各社ともカードローンで大幅な収益を上げているためです。何故銀行がカードローンに力を入れるのかと言うと、ずばり儲かるからです。銀行はこれまで住宅ローンや企業向け融資をメインとしてきました。こちらは大口の融資になるものの金利は低めに設定されています。しかも大口融資のために審査が慎重になりがちで、なかなか安定した融資先が見つかりません。それに比べ銀行カードローンは金利が年14%と高く、保証会社に審査等を丸投げしているので融資先が簡単に見つかります。こうした理由で銀行はカードローン融資を積極的に続け、今や消費者金融を上回る融資残高を誇るのです。

ですからこの1年で自己破産者が10数年ぶりに増加しました。金融庁が銀行カードローンに規制を入れるのは確実です。今年の春以降銀行も50万円を超える融資には収入証明書の提出を義務付けるようになりました。しかしそれだけでは不十分で、たくさん借りたい人は収入証明書くらい用意するでしょう。ですから銀行カードローンに総量規制が適用されることは時間の問題で、専業主婦の方が1番とばっちりを喰らうでしょう。

これを受けて配偶者貸付を行ういわゆる街金が、これまで以上に専業主婦の方の救いの神となることが予想されるところです。

契約内容はきちんと確認しましょう

【キャッシング 比較の方法】

キャッシングとひとくちで言っても、様々な種類があります。

 1)借入金の残高に応じて返済金額が変わる「残高スライドリボルビング方式」

 2)元本に対して毎月均等に返済をする「元利均等返済」

1)の方式は、銀行系ローンや大手のカードローン会社で多く採用されています。

この方式は、残高が多い場合は当然に返済金額も増えますが、元金が減ってきた場合、

毎月の返済金額の負担が軽くなるメリットがあります。

2)は、中小のローン会社が採用していることが多いです。

10万円を借り入れ、利息を均等にした上で一定の返済回数で契約を行います。

均等に支払いを行うので、返済計画を立てるのが楽になります。

キャッシングを初めて検討している場合、2)の元利均等返済が思い浮かぶ

ことが多いでしょうが、実際には1)の「残高スライドリボルビング方式」での

契約となる会社が多いです。

大手の会社ではなく、地元のローン会社で契約する事もあるでしょう。

その場合は、返済方式がどうなっているのか契約時にしっかりと確認するようにしましょう。

どうしても、

「何かあった際の取り立てを考えると利用しづらい」

「借り入れはしたいが、返済の予定が見えない」などのネガティブなイメージが

あるかも知れませんが、契約内容を確認して自分に合ったキャッシングサービスを見つけましょう。

大手企業のアコムが安心して利用できる理由

アコムは昔からテレビCMを放映しながら同じサービス名で営業しているため知名度が高いサービスです。大手銀行で有名な三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でもありますので、運営会社も安定しており、利用者としても安心して利用できるのが魅力です。

アコムでは、借り入れをした後の返済についても不安なく利用できる仕組みがあります。事前にeメールサービスに登録することで、返済期日が近づくとメールでお知らせしてくれたり、ATMから返済する余裕がないときはインターネット上から24時間返済手続きができるため、安心して利用することができます。

消費者金融というと、過去に社会問題として報道されたことがありますので抵抗感じる人もいるかもしれませんが、アコムのような大手の会社ならば安心して利用することができるのです。

キャッシングの本人確認での会社への在籍確認

キャッシングを検討しようとする際に気になることと言えば、働いている会社への在籍確認があるかどうかも気になる点の1つです。

先に言ってしまえば、在籍確認はほぼ確実にあります。

キャッシングをしようと考え、いざお金を借りたいとしても、出来ればあまり多くの人に知られたくないというのが本音です。

在籍確認と言われれば会社や知り合いにバレないか心配になる方も多いと思うのですが、大抵の会社は在籍確認をするときに個人名で個人名宛に電話をしてきてくれますし、会社名は出すことはありません。

もし本人が休みなどでいない場合でも、休みと聞いた時点で在籍確認は完了になることが多いです。

ただごまかしは出来ないように個人名宛にかかってくる電話は本名のフルネーム確認になりますので、ごまかそうとするのは出来ません。

ただ出来れば、全く在籍確認をしない金融会社にお願いしたいと思う時もあるかもしれませんが、ほとんどの会社は在籍確認をしますし、それを無しでお金を貸してくれるような金融会社を利用する場合は注意が必要になります。

大手の金融会社では在籍確認は確実にありますし、街金融でもほぼ実践しています。

なので、実践していない金融会社ほど怪しい会社に借りることになりかねませんので、よく調べてから借りるようにしましょう。

銀行カードローンの自動融資サービスは意外に便利で、安心も出来る!さらに、お得な点も!

銀行カードローンの中には、自動融資サービスが付帯しているものがあります。これは、公共料金や携帯料金、クレジットカードの支払い時に口座残高が不足した際、足りない分を自動で融資してくれるものですが、意外に付いていると便利なサービスです。何故、便利なのかと言うと、携帯電話やクレジットカードの支払いに於いて遅延は金融事故となってしまい、ローン契約など信用情報を基に審査が厳しくなってしまいます。

しかし、自動融資サービスであれば、金融事故に至ることを回避してくれます。どうしても、日中忙しくて口座へお金を預け入れできない場合や貯蓄用の口座と支払用の口座を分けている人には便利なサービスとなります。

また、わざわざコンビニATMなどから手数料を支払って、現金を預け入れするよりも自動融資サービスを利用した方が手間も掛からず、利息も少ないというメリットもあります。例えば、コンビニATMで時間外での利用をした際は216円の手数料となるものの、自動融資サービスなら翌日に返済すれば1日分の利息で済みます。

仮に1万円が自動で振り込まれたとすると、年利14.8%でも利息は1日あたり約4円で済みます。上手く利用すれば、焦って割高な手数料を支払うことが無くなり、節約に繋げることも可能です。

日曜日の夜にキャッシングに申し込みをしました

私が消費者金融のキャッシングに申し込みをしたのは日曜日の夜でした。突然、お金を用意することを忘れていたことを思い出したのです。月曜日の夕方にアパートの管理会社まで更新料を持って行くことになっていたのです。そのことをスッカリ忘れてしまい、当然のことながらお金も用意していませんでした。時間はそれほど残されていません。どうしようかと悩んだ結果、スマートフォンから消費者金融のキャッシングに申し込んだのです。日曜日の夜で10時を過ぎていました。私に残されていたのはスマホから消費者金融に申し込みをする以外にはありませんでした。

そのときは、スマホで申し込みだけ済ませて、審査は翌日となりしまた。本当に借りられるのかとドキドキした時間を過ごしましたが、月曜日の昼ころまでに審査は終わりました。借りたお金は自分の口座に入金してもらうようにしたので、アルバイトが終わったあとコンビニに行きATMで借りたお金をおろしから管理会社に行きアパートの更新料を払いました。このことで私は消費者金融の有り難さが本当に判った思いがしました。日曜日の夜に申し込みができたことも、アルバイトの私にお金を貸してくれたことも本当に有り難かったです。消費者金融のキャッシングは今でも私の心強い味方となってくれています。