キャッシング

消費者金融のキャッシング!返済方法重視ならマルチメディア端末の利用可否を!

今では、コンビニATMを利用すれば、キャッシングも24時間365日可能です。借り入れだけでなく、返済も行うことができ返済期日ギリギリでも安心です。しかし、コンビニATMの場合、時間外手数料の他、提携金融機関を経由しての返済となり、無駄に手数料が掛かってしまいます。その都度、手数料が発生するのは意外にバカにできるものではなく、108円や216円の金額でもつもり重なると大きなものです。さらに、返済する金額からATMの利用手数料が優先的に充当され、利用残高の減少率も低下してしまいます。

このような場合に備えておすすめなのが、コンビニのマルチメディア端末を利用した返済です。アコム以外の大手消費者金融では、マルチメディア端末を利用することで返済手数料が無料になっています。そのため、時間外手数料を抑えたいという方はマルチメディア端末が利用可能な消費者金融を選んだり、コンビニATMを利用せずに返済可能なことを知っておくのがおすすめです。

無利息期間のある業者ならキャッシングの利息の心配はなし

消費者金融のキャッシングを利用するにあたっては利息の高さに注意が必要です。特にまとまった金額を借りたときや返済方法をリボルビング払いにしているようなときには、借金の完済までにかなりの金額を利息として支払わなくてはなりません。場合によっては月々の利息の支払いが大変な重荷となってしまうこともあるのです。

しかし、利息の高さが心配なキャッシングですが業者によっては無利息期間が設けられているところもあります。そのような業者ならばキャッシングの利息の高さを心配することなく、安心してお金を借りることができます。これから消費者金融のキャッシングでお金を借りようと思ったときには、無利息期間が設けられている業者を選ぶようにしましょう。

カードローンの増額案内はどのようにされる?

消費者金融のカードローンを定期的に利用していると、優良契約者と判断され利用限度額の増額案内がくることがあります。自己申請に比べ、信用判断が済んでいることから増額できる可能性は高くなっています。しかしながら、増額案内というと電話や郵送物を想像してしまい、家族や周囲に内緒でキャッシング契約をしている方は不安になります。

ですが、最近では増額案内も会員ページやATMに表示されるため、家族や周囲に知られるリスクは少なくなっています。また、電話のように応対できなければ増額案内が分からないという心配もなくなっています。本当に必要な時にホームページやATMから手続きが行え、手続きに掛かる手間もありません。なかなか増額案内がこないという方は、一度チェックしてみるのがおすすめです。

月々の返済額を考えてカードローンを利用する

カードローンを利用してお金の借入をすると、当然ながら返済が必要になってきますが、このときいくらの返済額になるかが気になるところです。各カードローン会社には最低返済額というものが決まっていて、毎月1万円と定められているところがあれば、3千円程度と低く設定しているところもあります。利用するならどちらが良いかと聞かれれば、誰もが返済額の少ない方を選び、毎月の負担を減らしたいと考えるでしょう。

最低返済額が少ないことは一見してメリットが高そうに見えますが、デメリットがあることも理解しておく必要があります。カードローンの返済には元金に加えて、金利で発生した利息も一緒に返済していくことになります。返済額が少ない場合、返済回数が増えてローンが長期化するため、結果的に支払う利息が増えることになります。そうなると、たとえ金利が低くても損をすることにもなるため、生活費に余裕があれば最低返済額を多めに設定するなどの検討も必要です。

金欠で大変!契約する時に注意したいことは?

キャッシング契約は、近い将来に出費が良そうされることから緊急での出費に対応できる点でメリットがあります。将来的な出費であれば、毎月の返済負担だけでなく、総返済額が抑えられる返済方法や返済金額になるフリーローンを選択するのがベストになります。しかし、緊急の場合はフリーローンを選択してしまうと毎月の返済負担が大きくなることもあります。

特に低金利のキャッシングを選択してしまうと、毎月の約定返済額が大きく、金欠が続きそうなときには返済が出来ないといった問題に直結する可能性も生じます。ここで重要なのは、金利よりも毎月の返済額が抑えられることを重視することです。一時的かつ短期間のキャッシングであれば、金利に因る影響は大きなものではなく、返済が遅延したり不能になることを回避する方がメリットのあるものとなります。キャッシング契約は状況に合ったものを選択することがおすすめです。

青森銀行の3つのカードローンについて

青森銀行には3つのカードローンが存在します。その種類としては

あおぎんカードローン<あおたす>

あおぎんカードローン<Aキャッシング>

あおぎんWeb専用カードローン<ポチカ>

といった感じです。 

用途別に内容が違ってくるわけではありますが、それぞれインターネットで申し込みをすること限定であるものや

口座を持っているか持っていないか、WEBのみでできるかどうかといったところで手続きが違ったりとお客様の用途に合わせて

それぞれタイプの違った特徴的な部分があります。

ですので、特に青森県に住んでいる人にとっては契約方法や内容に関してかなり選択肢が広げることができる銀行系カードローンであるのではないかと思います。

収入が消費者金融の審査では第一

消費者金融でお金を借りる時には当然審査がありますが、この審査の内容というのは実はそんなに違いがあるわけではありませんので心配しないようにしましょう。具体的に見られるところといえばまず間違いなく仕事をしているのかどうかということです。これが総量規制に引っかかる部分になります。

仕事と言っても要するに収入があるのかどうかの話であり、何もサラリーマンであることが限定的な条件ではないです。審査の際には収入証明を出す必要がある場合も出てくるでしょう。きちんとした公的な書類であることもありますし、給料明細などでもよいということも多いです。まず審査で見られるところは収入であるというのは理解しておきましょう。そこから判断が始まるからです。

転職や退職は届ける必要がある?

カードローンの契約者が転職した場合、金融機関に届ける必要があるのでしょうか?答えはYESで、本来は直ちに届ける必要があります。しかし年収が下がる見込みなのに馬鹿正直に報告すべきではありません。なぜなら年収が下がると分かったら、融資限度額が減額される可能性が高いからです。

また無職となった場合も届ける必要があります。これも馬鹿正直に届けてしまうと、融資限度額の減額どころか利用できなくなる可能性もあるのです。

そこで転職したり退職した場合も、金融機関にわざわざ届ける必要はないと言っておきます。ただし絶対に返済を滞らないことが条件となります。なぜなら金融機関側に疑われて再審査されて転職や退職がバレたら、カード利用停止だけでなく一括返済も求められるからです。

銀行のおまとめローンは、総量規制の対象外

「個人の「借り入れ総額」が年収の3分の1以下」に制限される仕組みを、総量規制といいます。2010年6月18日に施行された総量規制により、個人の借り入れは制限されるようになり、不便な思いをしたかたも、きっと少なくないことでしょう。しかし、借り入れがあっても、どうしてもお金が必要になってしまうことはありますよね。

そんな総量規制の対象外となる借り入れがあることをご存知でしょうか。

それが銀行のローンです。そのため、現在借り入れがあっても、銀行のおまとめローンなどを利用できる仕組みになっています。複数ある借り入れをまとめて月々の返済を楽にしたいと考えている場合、ぜひ、銀行のおまとめローンなどを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンの怖いデメリット!債務の相殺と口座凍結!

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンやフリーローンに比べ、金利上限が低く設定されている商品が多くなっています。上限金利で比較すると、約3%ほど低いことからメリットを感じることは少なくはありません。また、毎月の返済額が1000円や2000円からとなっており、これも消費者金融の最低返済額に比べると低くなっています。その結果、無理なく返済できるといったメリットがあるものの、債務整理に至るケースは少なく無く、自己破産者の増加に至っています。

そして、銀行カードローンの怖いデメリットとして取引規約には、『口座から勝手に返済へ充てられる』、『返済できなくなった場合は銀行側が期限を待たず債務の返済に充てることが決定できる』といった内容があります。つまり、銀行は自社の貸倒を少なくすることが出来るようになっているのが実状です。ここで注意したいのは、この記載事項から口座凍結も可能という点です。債務整理を行った場合、銀行へ弁護士や司法書士から受任通知が行われた時点で口座凍結で現金が出金出来なくなる可能性があり、生活に行き詰まる可能性があります。そのため、銀行カードローンの返済に行き詰まり債務整理を行う際は、少なからず給与振込口座は別銀行の口座に切り替えることが重要です。ただし、給与の差押えは裁判所の許可が必要かつ差押えの上限が決まっているため、口座凍結により全額差押えとなってしまった場合は即専門家に相談することがポイントです。