キャッシング

アイフルを利用する人が増えている2つの理由

消費者金融は最短1時間融資と宣伝されているアコムやプロミスを利用する人が多いですが、最近ではアイフルを利用する人が増えてきています。アコムやプロミスは大手銀行の傘下に入っているのに対してアイフルは独立系を貫いているので経営面で不安があると言われています。そこでなぜアイフルを利用する人が増えてきているのか理由を挙げていく事にしましょう。

・おまとめローンの条件が良い

アイフルの特徴の一つのおまとめローンの条件が良い事が挙げられます。おまとめMAXとかりかえMAXの2種類があり低金利で複数の業者からの借り入れを一つのまとめる事が出来ます。最近では消費者金融から借り入れするのにWEB完結で出来るようになっているので複数の業者を利用してしまう人も多いです。それによりアイフルのおまとめローンを利用して複数の業者からの借り入れを一つのまとめる人が増えてきています。

・キャッシングカードを指定の時間に配達してくれる

アイフルは配達えらべーるというサービスを提供していてキャッシングカードの配達時間を指定する事が出来ます。それにより自分の都合の良い時間を指定する事が出来るので家族にキャッシングカードを見られてしまうのを防ぐ事が出来ます。家族に内緒でお金を借りるためにアイフルを利用している人も多いです。

借入限度額を実際に総量規制並みにすることは出来るのか?

借入限度額について、増額とかをするようなことは出来ますが、実際に借入限度額は総量規制ぎりぎりの枠まで

増額することは出来るのでしょうか? 理論上は出来るようにも感じます。

ですが、基本的に借入限度額を総量規制ぎりぎりまで上げてくれるという例は消費者金融を利用するときにはほとんどないと思われます。

基本的に総量規制ぎりぎりまで設定してしまいますと、ちょっとした収入の変動により、枠が変わってしまいますから気がつかないうちに

お金を貸しすぎてしまったというようなことになってしまいます。

そういったリスクに関しては消費者金融側も出来れば避けたいところですので、借入限度額をギリギリまで上げるというのはまずやれません。

銀行系カードローンですと、規制はありませんから理論上はやれますが、近年では総量規制あたりまでの借入をするまでレベルにしようとする

自主規制もありますので、こちらでもなかなか難しいというのが現実的になってきています。

ただ、この方が結果的には債務者側がお金を借り過ぎないように守られているという風にもとらえられます。

ですので、かえってお金を借入しすぎない安心感として考えておくといいのではないでしょうか。

パートやアルバイトでも不安無くキャッシングを受けられる

どうしてもお金が足りない、すぐに現金が欲しいという時に助かるのがキャッシング。スピーディな審査と融資はスケジュールに余裕の無い人でも、ちょっとした時間を利用しての気軽な借入れを実現させてくれます。

素早く簡単という大きなメリットを持ったキャッシングですが所詮は借金であり、お金を借りる側にそれ相当の信用が無ければ会社が融資に応じてくれないのは当然の事。もちろん審査結果に最も大きな影響を与える条件は収入であり、安定かつ継続した収入が証明出来れば、そのハードルはぐんと下がり心配する事も無いのです。

そうなると逆に心配になってしまうのが、パートやアルバイトといった非正規雇用の人でしょう。収入はあるものの、一般的に安定しているというイメージが正社員に比べ薄く、キャッシングの審査の際にも不利に働いてしまうのでは?と不安視する人も多いものです。

ただキャッシングの審査はあくまで公正に、実際のデータに基づいて決定されますから、その様なイメージには全く左右されません。つまりパートやアルバイトであっても、十分安定した収入があり、それを書類の形で証明出来れば何ら問題無く審査に通り、キャッシングを受けられるのです。

最近の消費者金融も、収入証明に関する提出もネットを活用したものへと変化し、だいぶ簡略化されつつあります。学業や家事で忙しい人でも自宅での空いた時間を利用し、いつでも申し込めるのは嬉しいところです。

自動契約機を使ってキャッシングを利用したい人へ

金融機関はそれぞれ独自の自動契約機を所有しています。利用方法は、端末に近寄って画面の指示に従いながら、書類に書き込むのと同じように手続きをするだけなので簡単です。個人情報の入力を終えたら、持参した免許証かマイナンバーカードなどを身分証明書の代わりに使えば審査が開始されます。
審査は借入限度額を低めに設定したり、毎日普通に働いていたりするなら20分未満で終わります。終わった後はカードが出てくるので、すぐにでもお金が必要な場合なら助かることでしょう。

窓口を利用してキャッシング手続きをするには、営業時間内に行かなければいけません。自動契約機の方は審査や手続きの処理をこなすので、時間外でも大丈夫な仕組みです。稼働時間は金融機関にもよりますが、10時から21時の間なら問題なく活動しているので、昼間の仕事を終えた後でも利用できます。
休業日は特に設定されていないので、土日や祝日、お正月やお盆期間中でも問題なく使えます。

自動契約機を使う時は、端末がある場所へ行く前にネットから先に申し込んでおくと楽です。PCかスマホのどちらかを使いサイトを表示させ、申し込んで手続きを済ませ審査を完了させると、IDに関する情報が表示されます。そのIDを自動契約機に入力すると、カードがすぐに出てくるので便利です。
契約機がある室内で入力している時は、恐らく緊張すると思われます。先に手続きを済ませてから端末の所に行けば緊張せずに済むので、こちらの方が心理的に楽かもしれません。

知名度の高い会社の安心感は高い!中小消費者金融はやはり不安!

銀行や大手消費者金融のメリットは、金利だけでなく、社会における高い信頼性です。特に、契約後に不安となる取立行為については、自社でのたい応対マニュアルが定められており、契約者が不安に感じることは少なくなっています。ですが、中小消費者金融などは現在でもなお厳しい取立を行うなど、安心出来ない点もあります。

ですが、安心と信頼性は取立行為だけに注目してはいけまん。むしろ、現在では情報セキュリティーも重視しなければなりません。銀行や大手消費者金融では、顧客情報を徹底管理しており、管理のために設備投資まで行っています。また、情報セキュリティー担当を配置するなど対策を強固にしています。一方、中小消費者金融では、やはり資本力が少なく、大手消費者金融よりセキュリティー対策は劣ってしまいます。

インターネット上では、中小消費者金融に申し込みした結果、闇金や他の貸金業者から勧誘されるなどの問題が確認出来るのが実状です。そのため、中小消費者金融の利用を検討する際は、審査難易度の低さで選んだりするのではなく、個人情報の流出などの疑いがないところを選ぶのが重要です。実際には、利用者しか分からない情報であり、口コミなどは隅々までチェックするのがポイントです。

キャッシングで返済した分はまた借りられる?

キャッシングの返済日は毎月(もしくはそれに近い周期で)訪れますが、限度額いっぱいまで借りている場合、この返済した分をまたすぐに借りたいと思うこともあるでしょう。例えば20万円の限度額で契約をしていて毎月の返済額が8千円だった時に、その8千円を返済して、またすぐに8千円を借りようとするような行為です。

このような借り方をしても特に問題はありませんが、返済した分全てをまた借りられる訳ではないので注意してください。それは、返済した金額には利息分が含まれているからです。

上記の例で限度額の20万円ギリギリまで借りていると、1ヶ月当たりの利息は約3千円です。返済した8千円のうち、この約3千円は利息分なので、これを差し引いた約5千円しか元金は減っていません。その為、返済を行っても借りることができるのは約5千円までになるのです。

よって、限度額ギリギリまで借りて返済し、残った枠ギリギリまで借りるということを行うと、利息分だけを返済したと形です。これを繰り返していると元金は全く減りませんが、利息分だけの返済で何とかその月の支払いを乗り切りたい場合には有効な方法になります。

ただし、キャッシングの契約には返済期間というものがあるので、いつまでもそのようなことを繰り返す訳にもいきません。何度かはこの方法で利息だけの支払いで乗り切ったとしても、どこかでまとめて多く返すなどをしてきちんと期間内には完済するように心掛けてください。

地方銀行のカードローンの審査通過率は?

地方の銀行の審査通過率については、基本的には大手の審査通過率とそれほど変わらないか、もしくは場合によっては厳しいものもあると考えられています。

基本的に大手も地方も金利面での差というのはほとんどありませんし、ものによっては地方のほうがかなり金利面ですごくいいものもあります。

そういたところから、審査の通過率というのは実は大手と地方ではそこまで差がない場合というのが多いです。

ただ、地方によっては金利も若干高めだったり、地元住民を優先する傾向がありますので、

そういったところであるのなら、場合によってはカードローンの審査通過率というのは高くなる可能性はあるといえましょう。

ですので、条件をよく見てから申し込みをしてみてください。

即日借りられるキャッシング

急にお金が必要になったとき、キャッシングを利用しようにも融資まで時間がかかってしまうため別の手段を考えるしかないと思うこともあるかもしれません。キャッシングというのは審査に時間がかかるというイメージがあるものですが、実は即日融資を受けることができる金融業者も存在しています。

例えばテレビCMなども見かける大手消費者金融の場合、なんと最短一時間で融資を受けることが可能です。その秘密はWeb申し込みで、パソコンやスマートフォンを使って申込みを行い、メールか電話で審査結果を受け取ります。そして振込や自動契約機などを使えば即日キャッシングが可能となるのです。ウェブで申し込む際に口座振替を選択することによって郵送物のやりとりが不要となり、更にはカードも必要ないためこのようなスピーディな融資が可能なのですね。勿論カードが必要だと思ったら契約後でも発行してもらうことができます。

このようにWebを活用して即日融資を受けることができるキャッシングというのは増加傾向にあります。また、はじめての利用やWeb明細の登録をすることで一定期間無利息になるサービスを提供していることも多いため、利用の際にはそれらの有無も確認して、キャッシングサービスを選ぶのも良いかもしれませんね。

気軽に申し込めるキャッシング

キャッシングを利用するきっかけとして、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能だったという方は多いはずです。
申し込みの際に本人確認と、収入の状態、過去の利用状況など、キャッシングと同じ内容の項目で審査が行われますから、自動的にキャッシングも利用できるようになります。

しかしながら、もっと高い金額を借りたいという気持ちになってくる場合には、クレジットの方では我慢できないことが多くなっていきます。
それを避けるために、キャッシングだけを専門に行っている会社に申し込みをするわけです。

クレジットカードの審査が通った場合には、キャッシングに関してもそれほど問題なく審査に通ることができるはずですから、お金が足りない場合には申し込みをすると良いでしょう。

どうなる?銀行カードローンの今後

最近過剰融資が問題となっている銀行カードローンに、金融庁による立ち入り検査が入ると報じられました。アコムが今年度700億円を超す赤字に苦しむのを尻目に、銀行各社ともカードローンで大幅な収益を上げているためです。何故銀行がカードローンに力を入れるのかと言うと、ずばり儲かるからです。銀行はこれまで住宅ローンや企業向け融資をメインとしてきました。こちらは大口の融資になるものの金利は低めに設定されています。しかも大口融資のために審査が慎重になりがちで、なかなか安定した融資先が見つかりません。それに比べ銀行カードローンは金利が年14%と高く、保証会社に審査等を丸投げしているので融資先が簡単に見つかります。こうした理由で銀行はカードローン融資を積極的に続け、今や消費者金融を上回る融資残高を誇るのです。

ですからこの1年で自己破産者が10数年ぶりに増加しました。金融庁が銀行カードローンに規制を入れるのは確実です。今年の春以降銀行も50万円を超える融資には収入証明書の提出を義務付けるようになりました。しかしそれだけでは不十分で、たくさん借りたい人は収入証明書くらい用意するでしょう。ですから銀行カードローンに総量規制が適用されることは時間の問題で、専業主婦の方が1番とばっちりを喰らうでしょう。

これを受けて配偶者貸付を行ういわゆる街金が、これまで以上に専業主婦の方の救いの神となることが予想されるところです。