キャッシングで返済した分はまた借りられる?

キャッシングの返済日は毎月(もしくはそれに近い周期で)訪れますが、限度額いっぱいまで借りている場合、この返済した分をまたすぐに借りたいと思うこともあるでしょう。例えば20万円の限度額で契約をしていて毎月の返済額が8千円だった時に、その8千円を返済して、またすぐに8千円を借りようとするような行為です。

このような借り方をしても特に問題はありませんが、返済した分全てをまた借りられる訳ではないので注意してください。それは、返済した金額には利息分が含まれているからです。

上記の例で限度額の20万円ギリギリまで借りていると、1ヶ月当たりの利息は約3千円です。返済した8千円のうち、この約3千円は利息分なので、これを差し引いた約5千円しか元金は減っていません。その為、返済を行っても借りることができるのは約5千円までになるのです。

よって、限度額ギリギリまで借りて返済し、残った枠ギリギリまで借りるということを行うと、利息分だけを返済したと形です。これを繰り返していると元金は全く減りませんが、利息分だけの返済で何とかその月の支払いを乗り切りたい場合には有効な方法になります。

ただし、キャッシングの契約には返済期間というものがあるので、いつまでもそのようなことを繰り返す訳にもいきません。何度かはこの方法で利息だけの支払いで乗り切ったとしても、どこかでまとめて多く返すなどをしてきちんと期間内には完済するように心掛けてください。