月々の返済額を考えてカードローンを利用する

カードローンを利用してお金の借入をすると、当然ながら返済が必要になってきますが、このときいくらの返済額になるかが気になるところです。各カードローン会社には最低返済額というものが決まっていて、毎月1万円と定められているところがあれば、3千円程度と低く設定しているところもあります。利用するならどちらが良いかと聞かれれば、誰もが返済額の少ない方を選び、毎月の負担を減らしたいと考えるでしょう。

最低返済額が少ないことは一見してメリットが高そうに見えますが、デメリットがあることも理解しておく必要があります。カードローンの返済には元金に加えて、金利で発生した利息も一緒に返済していくことになります。返済額が少ない場合、返済回数が増えてローンが長期化するため、結果的に支払う利息が増えることになります。そうなると、たとえ金利が低くても損をすることにもなるため、生活費に余裕があれば最低返済額を多めに設定するなどの検討も必要です。