総量規制対象外とはどういうものか

総量規制とは債務者への過剰貸付を防ぐために、債務者 年収の3分の1を超える場合は借り入れば出来ないように2010年に施行された改正貸金業法ですが、例えば年収が300万の人は総量規制によって100万までしか借入が出来ません。
また、総量規制の対象になる借入は消費者金融、信販会社、クレジット会社です。
スピーディな審査と即日融資が売りの消費者金融ですが、この総量規制がひとつのネックとなっています。
では、総量規制対象外とはいったりどういったものでしょうか。

まず、住宅ローンや自動車ローンが挙げられますが、その他には有価証券や不動産担保の借入も含まれます。
それらを総量規制の除外貸付とかいいますが、除外貸付の他に例外貸付というのもあります。
例外貸付の中には、債務者の有利な借り換えや緊急性のある医療費の貸付がありますが、本来なら総量規制の対象になる貸付ですが、例外的に総量規制の対象外とする貸付というものです。
総量規制の例外となる借入は、他に個人事業者に対する貸付や、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付といったものもあります。
配偶者と併せれば借入限度額が多くなることが予想されますし、消費者金融や銀行でのおまとめローンという顧客に有利となる借替えの場合は、総量規制の例外となり借入総額を増やすことができます。
もともと銀行のカードローンは総量規制の対象外で、銀行法による独自の審査によって限度額を決めていますから、もし消費者金融から総量規制上限まで借りていたとしても、銀行のカードローンで更に借入ができる可能性があります。