大手企業のアコムが安心して利用できる理由

アコムは昔からテレビCMを放映しながら同じサービス名で営業しているため知名度が高いサービスです。大手銀行で有名な三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でもありますので、運営会社も安定しており、利用者としても安心して利用できるのが魅力です。

アコムでは、借り入れをした後の返済についても不安なく利用できる仕組みがあります。事前にeメールサービスに登録することで、返済期日が近づくとメールでお知らせしてくれたり、ATMから返済する余裕がないときはインターネット上から24時間返済手続きができるため、安心して利用することができます。

消費者金融というと、過去に社会問題として報道されたことがありますので抵抗感じる人もいるかもしれませんが、アコムのような大手の会社ならば安心して利用することができるのです。

キャッシングの本人確認での会社への在籍確認

キャッシングを検討しようとする際に気になることと言えば、働いている会社への在籍確認があるかどうかも気になる点の1つです。

先に言ってしまえば、在籍確認はほぼ確実にあります。

キャッシングをしようと考え、いざお金を借りたいとしても、出来ればあまり多くの人に知られたくないというのが本音です。

在籍確認と言われれば会社や知り合いにバレないか心配になる方も多いと思うのですが、大抵の会社は在籍確認をするときに個人名で個人名宛に電話をしてきてくれますし、会社名は出すことはありません。

もし本人が休みなどでいない場合でも、休みと聞いた時点で在籍確認は完了になることが多いです。

ただごまかしは出来ないように個人名宛にかかってくる電話は本名のフルネーム確認になりますので、ごまかそうとするのは出来ません。

ただ出来れば、全く在籍確認をしない金融会社にお願いしたいと思う時もあるかもしれませんが、ほとんどの会社は在籍確認をしますし、それを無しでお金を貸してくれるような金融会社を利用する場合は注意が必要になります。

大手の金融会社では在籍確認は確実にありますし、街金融でもほぼ実践しています。

なので、実践していない金融会社ほど怪しい会社に借りることになりかねませんので、よく調べてから借りるようにしましょう。

アコムの申し込みをする時にネットを利用する理由は?

アコムは無人契約機のむじんくんで申し込む人が多いですが、最近ではネットで申し込む人が増えてきています。そこでなぜアコムの申し込みをする時にネットを利用するのか理由を検証していく事にしましょう。

・来店不要でお金を借りる事が出来る

アコムの申し込みはWEB完結で手続きをする事が出来るので店頭窓口やむじんくんに出向く必要がなくなります。来店不要でお金を借りる事が出来るのは利用者にとってもメリットになるので申し込みをする時にネットを利用する理由と言えます。

・必要書類の提出が便利

アコムの申し込みをネットで行うと本人確認書類など必要書類をスマホのアプリで提出する事が出来ます。スマホのアプリはアップロード機能が付いているので必要書類を撮影して送信すれば提出する事が出来ます。すごく便利なのでネットを利用して申し込む人も多いです。

・家族に内緒でお金を借りる事が出来る

アコムの申し込みをネットで行うと来店不要になるので家族に申し込みをしているのを見られる事がなくなります。また明細書もWEB明細になるので郵送物が送られてくる事もなくなります。家族に内緒でお金を借りる事が出来る安心感があるのも申し込みをする時にネットを利用する理由と言えます。

銀行カードローンの自動融資サービスは意外に便利で、安心も出来る!さらに、お得な点も!

銀行カードローンの中には、自動融資サービスが付帯しているものがあります。これは、公共料金や携帯料金、クレジットカードの支払い時に口座残高が不足した際、足りない分を自動で融資してくれるものですが、意外に付いていると便利なサービスです。何故、便利なのかと言うと、携帯電話やクレジットカードの支払いに於いて遅延は金融事故となってしまい、ローン契約など信用情報を基に審査が厳しくなってしまいます。

しかし、自動融資サービスであれば、金融事故に至ることを回避してくれます。どうしても、日中忙しくて口座へお金を預け入れできない場合や貯蓄用の口座と支払用の口座を分けている人には便利なサービスとなります。

また、わざわざコンビニATMなどから手数料を支払って、現金を預け入れするよりも自動融資サービスを利用した方が手間も掛からず、利息も少ないというメリットもあります。例えば、コンビニATMで時間外での利用をした際は216円の手数料となるものの、自動融資サービスなら翌日に返済すれば1日分の利息で済みます。

仮に1万円が自動で振り込まれたとすると、年利14.8%でも利息は1日あたり約4円で済みます。上手く利用すれば、焦って割高な手数料を支払うことが無くなり、節約に繋げることも可能です。

日曜日の夜にキャッシングに申し込みをしました

私が消費者金融のキャッシングに申し込みをしたのは日曜日の夜でした。突然、お金を用意することを忘れていたことを思い出したのです。月曜日の夕方にアパートの管理会社まで更新料を持って行くことになっていたのです。そのことをスッカリ忘れてしまい、当然のことながらお金も用意していませんでした。時間はそれほど残されていません。どうしようかと悩んだ結果、スマートフォンから消費者金融のキャッシングに申し込んだのです。日曜日の夜で10時を過ぎていました。私に残されていたのはスマホから消費者金融に申し込みをする以外にはありませんでした。

そのときは、スマホで申し込みだけ済ませて、審査は翌日となりしまた。本当に借りられるのかとドキドキした時間を過ごしましたが、月曜日の昼ころまでに審査は終わりました。借りたお金は自分の口座に入金してもらうようにしたので、アルバイトが終わったあとコンビニに行きATMで借りたお金をおろしから管理会社に行きアパートの更新料を払いました。このことで私は消費者金融の有り難さが本当に判った思いがしました。日曜日の夜に申し込みができたことも、アルバイトの私にお金を貸してくれたことも本当に有り難かったです。消費者金融のキャッシングは今でも私の心強い味方となってくれています。

専業主婦でも出来る銀行カードローン

専業主婦がキャッシングを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか?

収入がない専業主婦は消費者金融会社からのキャッシングは出来ません。

しかし配偶者に安定した年収があり返済能力があるとみなされば、銀行のカードローンの利用が出来るのです。

どうして銀行のカードローンが利用できるかと言うと、銀行のカードローンは「総量規制の対象外」だからなんです。

総量規制とは個人の借り入れの総額が年収の三分の一までに制限することを言います。

そして総量規制には例外と除外という項目がいくつかあって、専業主婦に該当するのが「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」です。

さらに専業主婦の借り入れ限度額は30万円から50万円までのところが多いですので、配偶者の同意書や収入証明書の必要がありません。

銀行カードローンには安心感があるというメリットがあります。

金融についての確かな知識や情報、経験がありますし、サービスやサポート体制も整っています。

借り入れる時や返済する時に利用可能なATMの数が多いので利便性が高く、比較的たくさん融資してもらえることが多いです。

最近ではテレビコマーシャルなどで審査が最短30分などとよく見聞きしますし、手軽に利用できることも魅力的の一つです。

キャッシングというのはとても審査の内容が

キャッシングサービスというのは、審査がしっかりとされることになっています。ですから、誰にでも貸す、ということはありませんから、その点は注意しておいたほうがよいでしょう。しかし、それでも極めて借りやすい金融サービスの一つであることは確かでしょう。それがキャッシングというサービスの有難いところでもあります。具体的にどんな審査がされているのか、といいますとそれは収入です。収入がどのくらいであるのか、ということが重要になってきます。

加えて、他に借金があるのか、ということも重要になってきますから、覚えておくとよいでしょう。さらに言うのであればこれは目的ローンなどは除外されます。あくまで他からのキャッシングなどが問題になることであり、それ以外の借金は実は問題ではない、ということが実はとても大事になっています。キャッシングというのは、いざというときに助かることになるサービスであることは確かですから、しっかりと活用しましょう。

初めてのキャッシング契約で本人確認に手こずった

初めてキャッシングを契約する時に、本人確認にかなり手こずり本当に焦りました。

私はアパートで一人暮らしをしているのですが、数年前に管理会社が変わり、建物名も変更になっていました。

ただ、管理会社が勝手に名前を変えただけで番地等は変わっていないので、私自身はどこにも何も手続きはしていません。

というわけで、免許証の住所は旧アパート名でした。

そんなことは全く気にしていなかったのですが、本人確認の電話の際にアパート名まで聞かれ新しいアパートの名前を言いました。

その後、免許証の写メをアップロードしてくださいということで、何も思わずにアップロードしたところ、アパート名が一致しないので他の書類が必要との電話がありました。

事情は説明しました。番地は変わっていなくて、管理会社が勝手に名前を変えただけだと。管理会社に確認して欲しいと言ったのですが、普通に却下され、他の書類の提出がなければこれ以上話を進められませんと。

仕方ないかと思い、公共料金の領収書を探したのですが、これまたないのです。

うちはオール電化で電気代は引き落とし、水道代は家賃に含まれているという最悪の状況でした。

とりあえず、電気代の請求書及び引き落とし明細と、これではダメな気がして念のため年金の郵送物の住所を写メでアップロードしましたが、両方却下されました。

この電気代のでダメなら公共料金に関するものはないので、どうしたらいいかと問い合わせると、年金手帳の年金番号と名前が書いているページに現住所を手書きして写メでアップロードしてくださいとのことでした。

最終的には手書きなんかい?!と思いながらも、やっと本人確認が終了したというドタバタ劇でした。

キャッシング増額申請のとき、金融機関は何をするのか

資金繰りが厳しくて、キャッシングの増額の申請をしたい時ってありますよね。キャッシングの増額を申し込むと何をされるか解説します。

キャッシングの増額を申し込むと、金融機関は再度あなたのキャッシング枠が増額に耐えれるか審査を行います。審査の内容は、当然指定信用情報機関の照会にも及びます。

ここで少し例を出して考えてみます。金繰りが厳しいので、あなたは最初に申し込んだ時よりも他社からの融資を受けていて、借金の総額が膨らんでいたりしませんか。もしくはもっとひどく、他社の返済が滞っていたりしませんか。もしこの様なことがあるのであれば、増額の申請はしないほうが無難でしょう。

というのも、キャッシング、カードローンの契約には信用状態が悪化すれば、金融業者側がいつでも完済を求める事が出来る条項がはいっています。つまり、増額申請をしてあなたの指定信用情報機関の情報を照会されたことにより、あなたの限度額の見直しを行った結果、増額どころか減額や限度額取り消しを求められる事態もありうるのです。

金繰りが厳しくて、限度額を増額したくて申し込んでいるのに逆に減額されるなんてやぶへびも良いところですね。増額を申請する時は、借入額が少なく、他社でも借りれる様な状態でしましょう。

利便性に優れている楽天銀行スーパーローン

低金利を重視してキャッシング業者を選ぶ場合は銀行カードローンになりますが、最近利用者が増えてきて人気となっている銀行カードローンは楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンを提供している楽天銀行はネットバンキングなので店舗やATMを設置していません。そのため申し込み手続きはすべてインターネットで行うのでパソコンやスマートフォンなどインターネット環境が整っていれば申し込む事が出来てしまいます。インターネットですべての手続きが出来るという事はインターネット環境が整っていれば場所を選ばないで申し込めるので利便性という点ではかなり優れていると言えるでしょう。

手続きで便利と感じるのが必要書類の提出と借り入れの時です。必要書類の提出はスマートフォンのアプリで撮影して送信すればいいので誰でも簡単に出来てしまいます。本来なら郵送などで送るので業者に届くのに数日かかるのを1日で完了してしまうのもすごく便利な点です。また借り入れの時は楽天銀行のホームページから会員ページにログインして借入希望額を入力して融資の依頼をすればすぐに口座に振り込んでもらえます。しかも楽天銀行の口座はネットバンキングなので24時間いつでも対応出来るのも大きなメリットなります。